素人の戯言だと前置きつつ。

つつ。

最近微妙に気がかりなことがあります。

私は2005年頃にちょこちょこと日本株をはじめたところから「投資」デビューしました。
当然結果はイマイチで、その後「スワップ」が手に入るFXに魅了され、取引を開始しました。

こちらも「リーマンショック」により投資資金500万の損失を経験し、「センスなし、知識なし」の自分には「コツコツ地味なスワップ投資だ」と思い立ちます。
以来、約10年に渡って、トルコリラ/円と南アランド/円を柱としたスワップ投資を行ってきました。

この投資は現在進行中であるため、○か×かと結果を言い表せるものではないですが。

リラ、ランドともに大幅な含み損で、先日は一部(70万程)の損切りも行いました。

よほどのことが無い限り、「FXスワップ投資も失敗だった」と言わざるを得ないでしょう。

スポンサーリンク

レバレッジをかけず、コツコツ長期にやる方針は間違っていなかった

過剰なレバレッジをかけず、短期売買を繰り返さず、長期的な投資をする。
この方針自体には全く問題が無かった、そう思いたいです。

では、何を間違えたのか。

そのものズバリ、出発点からの「ベクトル」を間違えていました。

出発点から「米国高配当株」や「米国インデックス」に向いて、「コツコツ長期投資」をしてきたならば、今頃「オーイェイ」でしょう。

しかし私が選択したのは「FXスワップ」であり、よりにもよって、「トルコリラ」でした。

投資の道の『歩み方』こそ間違っていなかったものの、そもそも目指す先を間違えた・・・、感は否めません。

米国株ブログのランカー達が言うように、今後も米国株は安泰なのか

過去は未来を考える上での参考になるも、それを保証するものではありません。

米国株ブログで上位を占める方たちは(米国株カテゴリに属している以上、当たり前なのですが)、こぞって米国株を推します。

私も常に拝読させて頂いてるブログはいくつかあり、その理由が定期的に記載されている関連文章を読むにつけ。

「なるほど、確かにその通りだ」

「FX、日本株など不要。米国株こそ正義だ」

そう思うのです。

少なくともリーマンショック以降、とりわけ2017年などは米国株に投資していたら・・・!と思わせる相場でした。

しかし、FXスワップでコツコツ10年やってきた結果が「無駄に年月を費やし」「損失を抱えた」ために、弱気に・・・、疑心暗鬼になっているのです。

これまでは、確かに米国株が投資先として適切だった。
でも、過去は過去。未来はどうなるか分からない。

これから先、10年、20年の長期投資を賭ける対象として本当に適切なのか?と。

もう、同じ轍を踏むのはご免なのです。

保守主義・孤立化する米国と台頭するチャイナ

冒頭のとおり、あくまで「素人の戯言」です。

最近のニュースを見聞きするに、米国は保守主義を進め、孤立化の傾向を強めているように感じます。

その一方で、「トランプが大統領をやっている今がチャンス」と言わんばかりに中国が台頭・新興国のみならず、一部の先進国にまで蜜月関係を築いているように見えます。

米国株がこれまで、安定していたのは結局のところ「米国が世界の中心、覇権国家であったから」ではないのでしょうか。

であれば、これから先、10年20年先に、米国は変わらず世界の中心にいるのでしょうか。

流石にこの短期間(国家レベルで考えれば短期でしょう)で中国が米国に取って代わる・・・、とは言いませんが。

米国一強だった時代は、確実に終わりに近づいているのではないかと。
気がかりでなりません。

そして、もしそうであった時、ダウは、SP500は、これまで通りの上昇を続けるのでしょうか・・・。

デスノート的に私が手を出す投資は先行きが暗い

なぜこんなことを考えているかと言うと、「私がこれからは○○だ!と手を出す投資は間違いなく先がない」と自分でわかっているからです。

上記でゴチャゴチャ書きましたが、そこに理屈などないのかも知れません。

「私が米国株を良いと思った。これからは米国株をコツコツやっていこうと思った」

ならば「米国株インデックス投資の先行きは暗い」と。

いや、まぁ・・・、病的な思考ですけどね。

それくらい弱気になっているのですよ。
トルコリラ10年。

10年は長かった・・・。

スポンサーリンク

結論:そんなことは気にせず米国インデックス投資

とまぁ・・・、散々喚いておいて、なんのロジカルな説明もなく。

『そんなことは気にせず米国インデックス投資へGo!』

きっとコレだよね。

おそらく、私の心配していることは「月が落ちてきたらどうしよう」レベルのことなのだと思う。

百歩譲って(?)、私の懸念が一理あるとしても。

「じゃぁどうすんのさ? ん?」

・・・と言われたら何もいえない。

より良い代案などない。

「ベスト」など分からないが、今把握している、より「ベター」なのは米国株インデックス投資。
これは間違いない。

投資先が分からないならば、いっそ「投資をしない」と言う選択肢もあるにはあるが、これはより下策でしょう。

日本に住み、日本企業に勤め、日本円で給料を貰い、日本円でのみ貯蓄する。

これでは「円」との一蓮托生だし、米国株ブロガーがよく言うように「毎年2%の物価上昇試算は、○年後に円が×円まで目減りする」って奴を考慮すればジリ貧です。

ああ・・・ もう!!

どうして10年前に米国インデックス投資でなく、FXに手を出したんだ私は!!

先行きに全く不安がない訳ではないけれど、それでもコツコツやっていくしかありませんね・・・。

・・・更に10年後、この選択は正しかったと思えているだろうか。

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク