以前は毎月更新していたのに、すっかり面倒臭くなって不定期となったポジション公開です。
別にブログネタとしてだけでなく、書いておくと結構自分の役に立っているんですが・・・ 正直シンドイ。

ちょっと証券会社を使いすぎなんですよね。
口座開設した会社は山のようにありますが、現在アクティブなFX会社は以下の4社です。

  • 外為どっとコム
  • セントラル短資
  • マネックス
  • M2J(マネスク)

もっとも今後も使いたい会社は外為とセン短だけです。
マネックスは持ってるポジ自体は極少量なんですが、いい頃に買ったので常時含み益で手放したくないんですよね。
極々僅かとは言え、スワップ製造マシーンになっています。

一方M2J社は諸々、使いたくないし、持っているポジションもクソリラだけです。
ここは一刻も早く手放したいけど、含み損状態で塩漬け中、と言った感じです。

そしてCFDでアクティブなのが1社、海外株と投信で1社・・・。

ちょっと分かれ杉。

スポンサーリンク

ただ外為さんとセン短さんをどちから一社に絞る気はありません。
どちらも運営方針、システム的に信頼はしていますが、超長期と考えれば一社に限定するのは不安がありますからね。

ちなみに「FXスワップの受け取り方は大きく3種類ある」「FX証券会社を複数分けるのはどうなのか」で書いたとおり、外為さんは発生したスワップを任意のタイミングで引き出せます。
セン短さんは毎日スワップのみ引き出されます。

超長期スワップ派としてベースのポジションを持ちつつ、スワップで生活費の一部をまかなうようなことも可能です。

仕組みがあるだけで、どれだけの額を引き出せるかはまた別の話ですが(汗

2018年4月のFXポジション状況

さて、以下は私が保有しているFXの全社総ポジションです。

  • USD/JPY 売 1.0枚 平均 25.85円
  • USD/JPY 買 0.9枚 平均 94.20円
  • NZD/JPY 買 1.1枚 平均 59.47円
  • AUD/JPY 買 0.2枚 平均 96.50円
  • ZAR/JPY 買 10.8枚 平均 11.24円
  • TRY/JPY 買 9.9枚 平均 49.69円
  • MEX/JPY 買 1.0枚 平均 5.79円

リラが約10枚ですが、先日ヘッジを目的とした売りを1枚持っているため、実質9枚ですね。
一日80円程度のスワップとしても、リラだけで700円程度のインカムが発生します。

軽いランチ代くらいですから大きいです。

ここまで金利が付くものもないため、一方的な右肩下がりでなければ、もう少し追加購入したいところなんですけどねぇ・・・。

社別ポジション状況

個人的なメモのようなものですが。

外為どっとコム

  • USD 0.4枚 100.27円
  • NZD 0.5枚 48.4円
  • ZAR 7.9枚 11.71円
  • TRY 2.1枚 47.37円
  • MXN 1.0枚 5.79円

外為どっとコム社は先に書いたとおり、スワップを自分の指定日で振替(ポジはそのままにスワップだけ出金)できます。
スワップの額も悪くは無いですし、重宝してます。

基本的にはスワップは出金せず、そのまま貯めておくことで課税を繰り延べします。
年末に、他でマイナスが発生していたり、確定申告の境となる20万に満たない範囲で振り替えます。

セントラル短資

  • USD 0.2枚 99.55円
  • AUD 0.2枚 96.50円
  • ZAR 2.9枚 09.96円
  • TRY 5.4枚 50.00円
  • TRY 1.0枚 25.85円 売

セントラル短資はポジションはそのままで、日々スワップ分だけ振替されます。
自分で指定できる外為どっとコムの方が便利と言えば便利ですが、スワップの額、安定性ともに悪くないです。

歴史もある会社ですし、外為社と併用しています。

M2J(マネースクェアジャパン)

  • TRY 2.4枚 51.06円

M2Jはスワップ全然ダメですね。
ここのポジションは早く解消したいです。
ここで2.4枚持っていても、外為やセン短で半分持つのと、同じくらいじゃないかな・・・。

個人情報も流出されるし・・・。

ちなみにM2Jもセン短と同じくスワップ分だけ日々振り返られます。

マネックス

  • USD 0.3枚 82.55円
  • NZD 0.6枚 68.70円

特にこれと言って良くも悪くも無いマネックスです。
特徴がないんですよね・・・。

これ以上同社でポジを増やす気はないので、入金額はほぼ0円です。
ただ、少ない枚数とは言え優良ポジなので手仕舞いできずに残っています。

マネックスのスワップは、対象のポジションを決済する時にのみ出金されます。

2018年4月の海外株CFDポジション状況

現在は年初から変わりなく、「岡三オンライン証券」で英国代表株価指数FTSE100を3枚ホールドしています。
こちらは配当相当狙いです。

その他ポジション

他に米国株アマゾンを1単位。
積み立てNISAで投信を毎日こつこつ積み立て。
それに仮想通貨リップルとイーサリアムを10万円分くらいずつ保持しています。

今後のスワップ・配当方針

これ以上スワップ投資だけに固執するのは危険だ!と心配してから、王道である株(米国株)インデックス投資に手を出し始めました。

本当のところ、今のスワップ収支を考えると「このまま余力ができたらスワップポジションを追加する」が一番リターンは大きいと思っています。

ただ、それだとトルコリラや南アランド、メキシコペソなど新興国高金利通貨に傾倒することになってしまいます。

年間スワップの増額を捨てて、泣く泣くインデックス投資に舵を切っているところです。

どちらが正解なのかは・・・ 早くても2・3年後に分かるのでしょうかね。

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク