なんのことはない、ただの呟きです。

トルコリラ、20円台でずっと頑張っていますね。
ちょっと調子が良いと21円です。
もしかしたら22円までいくかも・・・?なんて気分の時も。

朝、起きたら「今日はちょっと調子がイイナァ」なんておじいちゃんみたいです。

こんな日々が続くと、浮かんでくるのは「20円割れ・・・、16円や17円で買った人は勝ち組・・・?!」

「今後、横ばいか上昇が続くなら、永遠にスワップが貰えるお宝ポジやないか・・・」

です。

スポンサーリンク

高金利通貨の宿命はレートの下落と言われるけれど

こんなことを言うと。

「ホラ言ったじゃないか!トルコは大統領の無茶苦茶な行動が原因だっただけで、経済は悪くないんだ!」

「リラは過小評価されていた!一般投資家は不安に駆られ、悲観論が飛び交っていたが、私は一貫して問題なしを主張した!」

な~んて言われそうです(誰に

いや、待て。

私は誰の予測が当たろうと、外れようと。

主張が正しかろうと、間違っていようと。

極論、

ど う 

で も 

い い

要は私の、リラ投資が儲かるかどうかだ!

っつーか、当たり前です。
状況に応じて、私は簡単に勝ち馬に乗り換えますよ?

ただ。

その上で、素人の私には分からないのです。

確かに、トルコが経済的によかったり、人口ボーナスがあるのは。

いくつかの無関係なサイトで確認した情報なので、概ね事実なのでしょう。

でも、「高金利通貨は下落する宿命」とも各所で言われています。

実際、リラは90円程度からずーっと下落を続けて、今や20円台です。

例えば今のエルドアン大統領がおかしな言動をしているため、と言うのなら、エルドアン氏以前の下落は?

なぜに十年以上も一方的な下落を続けているのか。

なぜ、今になって「経済はいいから」「人口ボーナスがあるから」の理由で、もう下落しないとか。
今が底、的なことをいえるのだろう。

それって結局は、「20円・・・ そろそろもう下げも終わりだろ」的値ごろ感なのだろーか。

あ、でも。
もしかしたら、十年前は経済状態が悪く下落、か~ら~の、経済状態は劇的に改善したから上昇。

・・・するハズだったんだけど、エルドアン大統領の言動で下落。

こう言う理由なら、成るほど、納得できますね。

そう言えば一昔前はエルドアン氏の手腕で経済を改善させた・・・的な話を聞いたことある気がする。

このあたりは一度確認したいな。

※※もしかしたらリーマンと、米国の緩和終了あたりが原因・・・?※※

スポンサーリンク

忍び寄る誘惑

実は先日、「トルコリラ円のスワップで儲かっている人っているの?」を投稿したら、お便りをくれた方がいます。

その方は完全な「スワップは儲かる」派の方でした。

私は現時点ではニュートラル。

「スワップ手法を信じたいけど、信じきれない自分がいる・・・」って感じです。

一方、大分以前に紹介しましたが、「スワップ投資する奴なんてアホ」と主張している人もネットで散見されます。

色々な考え方があって良いし、色々な(自分の信じる)投資法があって良いと思います。

しかし。

自分はニュートラル、と言いつつ、最近の(一時の?)レート安定と高スワップに魅了されている自分がいます。

買い増しちゃダメだ、買いましちゃダメだ、買い増しちゃダメだ。
買い増しちゃダメだ、買いましちゃダメだ、買い増しちゃダメだ。
買い増しちゃダメだ、買いましちゃダメだ、買い増しちゃダメだ。

ああ・・・ でも・・・ フラ~・・・。

っと、買ってしまわないよう気をつけたい。

  • スワップ投資は全体の2・3割
  • コツコツドスンに備えレバは1.5~2倍以下
  • 損切りせず、ひたすら持ち続ける

このあたりは堅持したい。
・・・したい。

ちなみに、今は7・8割スワップ投資になっていると思うけど、損切りは基本しない方針なので。
今後は他の投資だけを拡大して、相対的にスワップ投資を全体の2・3割に下げるつもりでいます。

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク