アマゾン株の買い方|SBI証券で米国株を買う

一部の海外株系ブログからは「アマゾン株に飛びつくなんて」的空気を感じつつ。
私は今年、2018/2/3にSBI証券で米国アマゾン株を1単位購入しました。
当時15・6万くらいだったと思います。

そしてこのブログで、「アマゾン株、買っちゃった~」的な投稿をしました。

あれから半年以上。
何気なくGoogleSearchConsoleを見ていたら、「アマゾン株 買い方」的な検索で来ている方がいらっしゃるようで。

特別難しいことがある訳ではないものの、やはり初めてだと疑問がない訳でもない米国個別株の購入。

検索で飛んできて「なんだ」とガッカリされるのもナンなので、ちょっと今回簡単に紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

SBI証券で米国アマゾン株を買う方法

冒頭に書いた「アマゾン」の米国株が私にとって初めての(そして今のところ最後の)海外個別株購入です。

当然、手探りでやってみた訳なので間違いなどありましたら優しく、優し~く指摘して頂けると助かります。

なお、今回はSBI証券で、ネットから株を買う方法です。
SBI証券の口座開設は済んでいる前提でのお話です。

あ、「日本株」や「外国株式」など口座は分かれていますので、件の「アマゾン(AMZN)」を買うには「外国株式口座」の開設が必要です。

円で直接買うか、ドルで買うか検討する

SBI証券で米国株「アマゾン」を買う場合、「円」で直接買うか、自分で「円」を「ドル」に替えておいて、「ドル」で買う方法の二パターンがあります。

それぞれを簡単に説明してみます。

まず「円」で直接買う場合。

  • 円を入金して「円」で買うのは手数が少なく簡単
  • 自分で直接ドル替えするよりも手数料が高い(1ドルにつき25銭)
  • 株を買うタイミングで「円からドル」に両替されるので、その時点の為替レートに左右される

「円で直接買う(円貨決済)」と言っても、裏では円からドルに両替されています。

あくまで購入者(自分)が直接両替しなくても良い、というだけのことです。
この場合、アマゾン株を買う際に円からドルへ両替されますので、「株を買う際の為替レート」に影響されます。

一方、自分で円からドルに両替しておく外貨決済のパターンでは。

  • 円高時期に円からドルへ両替しておけばお得
  • 自動で両替する円貨決済よりも手数料が安い(1ドルにつき4銭)
  • 私のような初心者には少々壁を感じる

株を買う際の「ある一点」の為替レートで全ての円がドルに両替されるよりも。

自分が決定したタイミングで円をドルに両替する方が為替取引の点だけで言えば特をすることが多いと思います。
それこそ円高時期にドル替えしておければ万々歳です。

また、この場合、円貨決済による「自動両替」よりも手数料が安くなっています。

一方で、自分で円をドルに替え、ドルで外貨決済するのはなんとなく敷居を感じます。

どちらか一方が絶対的によい訳ではない

資金量が豊富で、それなりに株式売買を行うのであれば、自分でドル転した方がお得だと思います。

一方で、私のような、1・2単位を買ってホールドしっぱなし、なんて場合は無理して自分でドル転するよりも。
円を入金し、そのまま円貨決済(自動両替)した方が面倒がなくていいかも知れません。

私はあくまで「後学のため」「経験」として、自分でドル転しました。

この「ドル転」についてはやり方を過去の投稿で説明していますので、そちらを参照してください。

※過去投稿「円高期にコツコツドル買いして外貨決済する|SBI証券と住信SBI銀行

資金準備ができたら早速購入する

SBI証券に外国株式口座開設が完了し、円の入金が完了、またはドル転が完了したら後は難しいことはありません。

・・・・・・。

・・・「いつ、どれだけ、何を買うか」の難しさは永遠の課題ですが。
少なくともSBI証券の「システム的な」難しさはありません。

早速SBI証券にログインし、買ってみましょう。
(※ログインID、ログインパスワードは口座開設時に送られてきた書類を参照します)

外国株式の画面へ移動する

SBI証券にログインし、家のマーク(ホームボタン)を押下するとSBI証券のTOP画面に遷移します。

この画面の右側には自分が開設している各種取引口座の状況が確認できます。
また、ここから開設済みの口座(取引画面)へ移動することもできます。

上図の①(家のマーク)からTOP画面へ移動し、②の「外国株式」の項にある「取引」ボタンを押下します。
※このボタンが「取引」になっていない場合、「外国株式口座」の開設が完了していません

外国株式の画面で「取引画面」へ移動する

先ほどの手順で外国株式の画面(外貨建商品取引サイト)へ移動したら、次は画面上部にある①「取引」ボタンを押下します。

取引画面でアマゾンを指定する

取引ボタンを押下すると、注文入力が可能な画面に移動します。

今回は米国アマゾンの株を目的としていますので・・・、

①米国

②取引

が選択された状態です。

そうしましたら、下図のように、①「取引」欄を「買付」に選択します。

次に②「ティッカー」欄に「AMZN」と入力し、「株価表示」ボタンを押下します。

最後に、購入条件を入力して完了!

ティッカーに「AMZN」を入力して株価表示ボタンを押下すると、アマゾンドットコムの株価情報が表示されます。
※通常、15分遅れの情報

後は購入したい株数や「指値」または「成行」を任意に設定し(①)

注文の有効期間や預かり区分を指定します(②)
私のように普通の人であれば、確定申告などを考慮すると「特定預かり」になると思います。

最後は③「決済方法」ですが。

こちらは冒頭で記載した、「自分でドル転しておいたドルで買う」か、「円で直接買う」かの選択です。

前者であれば「外貨決済」を、後者であれば「円貨決済」を選択します。

『 「外国株式取引に関する説明書」の内容を理解し同意する 』ついて、同意できればチェックを付け、取引パスワードを入力して「注文確認画面へ」ボタンを押下します。

この時点ではまだ注文は確定されていませんので、注文内容を確認画面でよく確認し、問題なければ決定しましょう。

スポンサーリンク

SBI証券で米国株アマゾンを買う まとめ

どうでしょう。

「円で買うか、ドルで買うか」についてはやや敷居を感じるものの。

「円で買う(円貨決済)」と割り切ってしまえば、わずか4ステップです。

  1. SBI証券に外国株式口座を開設する
  2. 資金を入金する
  3. 外国株式取引画面で「米国」「AMZN」を指定する
  4. 購入株数や指値などを指定する

これであなたもアマゾン投資家です!

でも、投資は自己責任で。
ご利用は計画的に、です。

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

   

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)