この先、何に投資をするか|軸足の定まらない投資

ばふぇ太郎さんのバカ本。
売れ行き好調で日経新聞に広告も載ったそうです。凄いですね。

内容については賛否両論あるようで、それはまぁ、この本に限った話ではなく、全ての人が良し、或いは悪し、とすることは無いですからね。

私はこの本を読んでいませんし、人様の投資スタイルにどうこう言える知見はありません。
ありませんので、書籍の良し悪しも私には分かりませんが。

少なくとも米国株投資ブログをはじめて2・3年そこそこのブロガーさんが、あそこまでPVを増やし。
更には書籍を出版して、更に更にあそこまで売り上げるとは脱帽です。

誰にでもできることではないですよね。

書籍が出版される前から、氏が提唱する投資スタイルは各所で賛否両論、賑わせています。

私はほぼ毎日、氏のブログは拝読させて頂いていますが、一部で散々に叩かれているような酷い内容は無いと思っています。
・・・一方で、優良個別株を選択できるだけの知識や余裕は私にないため、実践するならインデックス投資で、と考えています。

閑話休題。

M2J社の市場調査部レポートによると、2018年末までにポンドが利上げされると踏んでいるアナリストは6割に上るようです。(5月現在)
また、2019年3月までにBrexitが完了する予定です。

ポンドの利上げは、つまりFTSE100のロングによる「支払い金利相当」の増加に繋がります。
これに加え、Brexitによる先行き不透明感から、今年中に「FT100」を利確してCFD配当投資からは離脱しようと考えています。

現在3枚保持していますが、いずれも買値より上げていて、かつ配当相当も入っています。
そんな訳で、来月辺りから段階的に一枚ずつ利確する予定です。

スポンサーリンク

大したタネ銭がない自分は何に投資すべきか…

私が人生で最初に手を出したのは国内個別株です。
こちらは今となっては、おそらく「もう二度と」手をだしません。
10年以上、塩漬けになっている今の株が最後の所有でしょう。

次に手を出したFX。
最初は差益狙いのトレード、そこからリーマンショックを挟み、高金利通貨でのスワップ派に転向しました。
約10年が経過しましたが、ホールドを永遠続けているトルコリラ円が酷い状態(買い平均50円)なのはブログでよく投稿している通りです。

その分、高金利通貨による高スワップは魅力的ですけどね。

そして海外株価指数投資(CFD)を経て、米国を主としたインデックス投資こそ最良の道!と結論を出しました。

・・・出したはずなんですが。

コツコツ投資で30年も待てないの

突然バフェ太郎さんの話を冒頭で紹介したのも、氏は度々ブログで次のようなことを述べられています。

  • 差益(キャピタル)狙いを繰り返すのではなく、優良株による配当(インカム)を狙うべき
  • 高配当優良株をひたすら積み立て投資。配当再投資。
  • 長期間、愚直に買い続ける。短期で大きく儲けようとするのは愚か
  • ○○ブームに飛びつくことは愚か
  • 積み立て&配当再投資戦略は金持ちだけの戦略ではない。貧乏人にも有効
  • まぁ、デイトレやスイングで儲ける神センスが、あなたに無いとは言い切れないから、私は止めないけどね

およそ、上記と私は理解しています。
そしてこれらの行動を取る投資家を「クソダサイ」と称して散々に扱き下ろしています。

表現や煽りの良し悪しは別として、私には概ね「確かに」と思える内容だと思っています。
・・・個人的には表現も煽りも嫌いじゃないし。

もっとも、前記のとおり、私には優良個別株を選択する力量はないし、かと言って他人の言う株をそのまま買うのも違う気がして。
結局、私の場合は「SP500」やVTI、楽天全米あたりが「最適解」になると思っています。

思っているんですがねぇ・・・。

そこまで理解しても愚かな行動を取るワタシ

やはり私は、30年そこそこも待っていられないのです。
年齢的にも、現在私が置かれている環境的にも。

更に言えば原資の大きさからしても・・・。

「愚かな投資家は、結局無理なリターンを狙って身を滅ぼす」とは、正に氏の言う「クソダサイ投資家」そのものだと思いますが。

それでもやはり、コツコツインデックスだけに投資をしていくのは、自分にはまどろっこしい。

スポンサーリンク

スワップ投資がダメになり、CFD配当がダメになる今、何に投資すべきか

長い前フリを終え、タイトルの通りです。

先日、私のFXメイン口座である「外為どっとコム」と「セントラル短資」からそれぞれ投資資金の一部を引き出しました。
合計70万。

どちらの口座も、長らくレバが0.8倍程度になっていたため、もう少しリスクを取って資金を回そうと。
一部の余剰金を引き出しました。

あれから約一ヶ月。
出金先の銀行口座に寝かせたままです。

また、冒頭でも触れたCFD投資によるFT100。
こちらも口座には150万程度の資金が預けてあるため、年内にCFDexitを行えば200万ちょっとのタネ銭が生まれます。

この資金を何に振り向けるべきか・・・。

王道である「米国インデックス投資」は現在つみたてNISAで投資中です。
ただし、つみたてNISAは年額40万が上限です。

つみたてNISAを行いつつ、一部はNISA枠外でETFかインデックス投信を買い増すべきか。

それとも欲に塗れてリスクもリターンも大きな投資に賭けるべきか。

・・・誰か、答えを教えて!!

うぉん。

ちなみに・・・、取らぬ狸の皮算用的に考えると、FXスワップで毎年30万そこそこは入る算段なので。
これに現金を少々追加すれば、毎年つみたてNISA枠の上限まで買い増しはやっていける。

そう考えています。
今は。
勝手に。

あああ・・・ どぼしよう・・・。

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

   

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)