トルコリラは売り戦略|選挙、エルドアンに決まったってよ

桐島が部活辞める的に。
私は早速リラ売りをしてみました。

とりあえず4.0枚の両建て売りです。

選挙、一時はトルコの経済苦境からエルドアン氏率いる与党AKPが苦戦するか?との情報もありましたが。

なんのことはない、あっさりとAKP・MHPの連立与党が過半数の議席を獲得しました。
トルコリラ円に投資している自分としては、残念な結果ですが、あれだけ選挙が盛り上がり、投票率も高い点は日本人として羨ましくもあります。

私も若い頃は選挙など全然行かなかったクチですが、30代になり、かかさず投票しています。
暗黒の民主政権時代のようなことを繰り返さぬよう・・・。
(ベストな投票先は存在しないけど、「よりダメ」ではない政党に投票する感じで)

話が脱線しました。

一時は決選投票か?とも囁かれたトルコ選挙は、結局一回の投票で連立与党が過半数の議席を獲得しました。
そして今回の選挙では、大統領の権限が強化された後の選挙でもあります。

辛くも「大統領権限強化」の議決を経て、そして今回国民の信任を得た訳で、今後大手を振って「大統領権限」を行使できることになります。

元々強権的な政治手法のエルドアン氏ですから、過激な政策、発言があるかも知れません。

スポンサーリンク

こと通貨「リラ」に関しては悪いほうに転ぶ気がする

先日の投稿で記載しましたが、エルドアン氏は格付け機関「ムーディーズ」が不当にトルコを貶めるため、低評価をしていると発言しています。

また、24日の大統領戦後にムーディーズに対して行動を起こすとも・・・。

さらに、リラスワッパーには周知の事実ですが、エルドアン氏は世界中のアナリストが「更なる利上げが必要」と判断している中で。

本来独立しているはずの中銀に対して「利下げ」の圧力を加え、更にはそれを臆さず公言している人物です。

現在の市場は23.30円程度。

選挙前よりもやや上昇しています。

混戦することなく、連立与党が過半数議席を獲得したことで「空白期間」が起きなかったことと。
選挙後のご祝儀相場と言いますか、「期待上げ」なんでしょうか。

ただ、上記の通り、エルドアン氏は通貨価値の維持・向上に関して、私はてんでダメだと思っていますから。
この上昇・様子見ムードも短期に終わり、リラは下落の一途ではないかと。

そう考えています。

7/24にはトルコ中銀の政策発表です。

ここまではウダウダとする可能性もありますが、冒頭の通り、私はとりあえず7.5枚の買いに対して、約半分の4.0枚を両建て売りにしてみました。

スワップ減額は覚悟の上です。

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

   

コメント

  1. トルコ風呂マーン より:

    えぇっ?! 今の局面でショート?
    上手くいくといいですね…

    1. H2 より:

      えぇ?!やっぱ対応メチャクチャですか・・・?!

      でももう、持ってしまったものは仕方が無いっす…
      本日は地味に上げてきているのが怖い

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)