トルコリラは22円を割って21円台へ

またまたまたまた。

やーっぱり。

やーっぱりな展開ですね。

リラ円は危惧していた通り、最安値22円を割って、21円台に到達。
20円割れも十分過ぎるほどあり得る展開となってきました。

このブログでは2017年末には20円割れを警戒し、リラ安で一貫して投稿してきたつもりですが。

きっと管理人がリラ投資なんてやってないであろう、アフィリエイト目的や商材販売目的のエセ・リラ投資サイトのいくつかは。

エルドアン大統領が再選し、財務相に娘婿のアルバイラク氏(前エネルギー天然資源相)を任命した後ですら。

「人口ボーナスが!」「経済状態は!」とかほざいて買い煽りしていましたが、現在、どう考えているのだろう。

アホくさくて覗く気にもなれない。

まぁ、大体「儲かる儲かる」と煽って、状況が悪くなったら別の通貨や投資を煽りだすのが定石なので。

しれっとしてるんだろうか。

もっとも。

経済や投資の展望なんて、当たるも八卦、当たらぬも八卦。

予想が外れるのは仕方がないと思うんですけどね。

「テメェー(ここ)も全然見通せてねぇーから儲かってないんだろ!」と言われたらぐうの音も出ませんしね。

でも、私は実際に身銭を切って、投資していて。

その「ついで」でブログをやっている訳で。

別の目的を持って、ステマ的にブログをやっているところは、やっぱり好きになれません。

まぁ・・・、どういう目的でブログをやろうが、個人の自由ですから、とやかく言われることではないのかも知れませんが。

うだつの上がらないトルコリラ円に、イライラしてしまっていて、よくありませんね・・・。

自重。

スポンサーリンク

両建て売りを今後どうするか

2018年4月に一度両建て売りして、自分を信じきれずに一度撤退して。

6月に再度売ってから、現在まで売りをホールドしています。

コイツをどーするか。

とりあえずトルコリラ円が上がる理由はないと思っているので、当面放置しようと思っています。

  • 市場の利上げ路線と真逆の利下げ路線
  • 大統領の中銀圧力
  • 財務相に娘婿が就任
  • 牧師の交流問題で米国とトラブル
  • 止まらないリラ安、ドル建て債権圧迫
  • 秘儀・タンス預金ドル売り推奨
  • 格付けはネガティブ

全く見込みがないですね・・・。

誤解してもらっちゃー困るんですが、私はれっきとした「リラスワッパー」であり。

現在も両建てによる「売り」よりも、「買い」の方が僅かに多い状態です。

従って「下げ」を希望しているのではなく、あくまで「リラの上昇」を期待する一人です。

それでも・・・、ねぇ・・・。

相変わらず買い意欲旺盛な人もいる

冒頭のステマブログうんぬんの話ではなく。

純粋にリラスワップを目的とした投資家さんで。

リラ買いを継続している方も少なくないですね。

現在を、今後を、どう見るかは個人個人、考えが違って当然なので、それは否定しません。

この状況で買い進められる度胸と言うか、決断力は凄いなって思います。

なんのかんの言って、私はロングを全処分して一点「売り」をする勇気もなく。

「今後も下がるぞ!下がるぞ!」とクチで言っているだけなので。

まぁ情けない話です。

両建て売りはあくまでヘッジですし。

スポンサーリンク

アイスランドクローナの件をどう考える?

ただ、リラ買いを進めている方は、このブログで予てから書いている「リラがFX取り扱いから外れた場合」をどう考えているんだろう。

何度も何度もこのブログで書いていますが、リラが「1円」になっても、強制ロスカットされないだけの余力はあるんですよね。

永遠にロスカットされないなら、いくら下落しようが、プラススワップが補ってくれるし、いつかは挽回してくれる。

そう考えればヘッジの「売り」なんて中途半端なことをせず、買いホールド一択なんですが。

アイスランドクローナのようなことになったら、と考えると全ツッパはできません。
(※過去記事:トルコリラ、そろそろ本当に笑えなくなってきた|デフォルトはあるのか?

この辺りのことを言及している、アナリストとか、大手サイトさんがいると、参考にできるんだけど・・・。

私はこの手の話を目にした記憶がない。

ともかく。
売りにしても、買いにしても投資は自己責任で。
スワッパーの皆様、2018年も一緒に生き延びましょう・・・。

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

   

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)