13日は運命のリラ金利発表!! でも、どうせ・・・

最近膠着状態、やや上昇?程度のトルコリラ円ですが。

明日、9/13の日本時間20:00(予定)がトルコ中央銀(TCMB)の政策金利発表です。

前回、7/24は大統領権限集約後の政策金利発表であり、エルドアン大統領に忖度するのか。
それとも中銀の独立性を保ち、利上げするのか?

「トルコリラ」の今後を占う「試金石」となった訳ですが。

市場を失望させる、残念な結果に終わりました。

さて、今回はどうでしょう。

大方、市場の予想ではおよそ5%もの利上げが期待されているようです。

従って、「利上げなし」は言うに及ばず。
少々の利上げではガッカリ失望勢の売りによる「爆下げ」が発生する可能性もあります。

スポンサーリンク

いろいろ言われているでしょうが、未来は誰にも分からない

結局はこれですよね。

したり顔で「利上げされる」とか、政策発表後に「上がる・下がる」と言っていても。

未来は誰にも分からないですし。

いくら背景や数字を並べたところで、結局はエルドアンさん(?)の心持次第かと。

そうして、政策発表後に「たまたま」予想が的中したブロガーはドヤ顔でタイトルに「予想的中」とか冠し。
外したブロガーは何事も無かったように or 恨み、辛みを書くのでしょう。

で、あれば。

結局は「どっちになっても(大きくは)困らない」状態にするしかないですよね。

即ち、損切りするつもりがないならレバレッジを抑え、証拠金を厚めにしておく。

ヘッジの売り(買い)をしておく。

このくらいしか凡人の私には分かりませぬ。

悲観的なことばかり書いているこのブログですが、私は現在進行形で「リラ円ロング」の人です。
あくまで短期的に、ヘッジとしての売りを一部行っているだけです。

今回の政策金利発表では、市場の予想を超える利上げをしてもらって・・・。
経済状態や人口ボーナスは悪くない訳で、是非2018年半ばを大底に回復!として欲しいものです。

・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・。

なーんて展開、ありえないだろうなー。

どうせ小幅利上げ程度ですよ。
はいはい、暴落暴落。

はいはい、デフォルトデフォルト。

まぁ、そうは言っても、ロングを切って今から全力ショートする勇気もない小物なアテクシなので、私は現状維持のポジションで運命の時を迎える予定です。

もし、素敵に私の予想を裏切ってくれたら、一度ヘッジの売りは解消するかも知れません。

スワッパーの皆様、ワタナベ狩りにあわない様、気をつけましょう・・・。

きっと、この後リラは上がるか下がるか、横ばいですから(←お気に入り

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

   

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)