トルコリラ、3月までのリスクあれこれ

スポンサーリンク

先日目にしたニュースの受け売りですが、ちょっと気になったものを。

  • トルコでは3月31日に統一地方選があり
  • 選挙対策として、エルドアン大統領による利下げ圧力が高まる可能性も
  • トルコ議会は、金融安定に問題が発生した場合、大統領に緊急対応できる超法規的措置の権限を認める決議
  • トルコの信用リスク(CDS:クレジット・デフォルト・スワップ )は新興国の中で依然高い水準

どれも決め手になる話ではないものの・・・。

トルコ中銀と言えば先日、2019年1月16日に政策金利を24%で据え置きました。
一部では早々に利下げに転じるのでは?との危惧もありましたが、通貨安定にきちんと対応した形です。

が、3月の選挙に関する冒頭のニュースは、リラロングのスワッパーとしては、どれもネガティブ要素ではないでしょうか。

やはり何にしても、新興国、取り分けトルコはリスクが高いことを認識し、スワップ目的で投資資金を「全ロング」とかは控える方がよいと思います。

高金利スワップ投資は全体の2・3割、レバ1.5倍以下で

スポンサーリンク

あくまで持論です。

スワップ集中全ツッパ!とか、レバ10倍投資!とかとか。

自己責任で実施されている方をどうこう言う気はありません。

ただ、これからスワップ投資を始めてみよう、なんて初心者さんは特に。

レバレッジを低いところから低いところから。

投資資金のうち占める割合は少ないところから、少ないところから。

様子を見つつ。

つつ。

始めてみるのが良いでしょう。

私のように特に何の知識もない人間でも、「ビビリ」だったお陰で10年近くスワップ投資は続けていられます。

どうしても高金利通貨・高スワップを経験すると、「もう1万通貨買えばスワップが・・・」「もう10万通貨ポジションがあれば・・・」っと。

「日々のスワップ額ありき」で考えるようになってしまいがちです。

特にブロガーの方だと、「一日一万円スワップ」は羨望の眼差しですし。
スワップの高さでマウント大会が始まります(そんなことない

でも冷静に考えてみてください。

仮に毎日1000円、スワップが貰えると・・・。

とても嬉しい!!

毎日ランチ代がタダ!!

1年で37万だぜ!!

っと言うと、非常に良い感じですが。

コツ・コツ・ドカンの「ドカン」下げで100万、200万が簡単に飛んでしまうケースがトルコリラあるあるです・・・。

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

   

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)