英国株買うぞ|英国選挙与党過半数割れ

英国選挙の結果が飛んでいますが、与党保守党は第一党ではあるものの、単独過半数は困難な情勢です。

これを受けてポンドは142.50円から139.50円くらいまで窓をあけて下落しました。

また英国代表企業による株価指数FTSE100も7550から7450程度まで下落しました。

しかし英国選挙は意外な展開が多いですね。

「EU離脱は流石にしないだろう」と思っていたらまさかの離脱。

そして今回、保守党が伸び悩んでいたことは報道されていましたが、議席減。

EU離脱は決定したのだから、少なくとも今だけは国民一丸となって、自国に有利な交渉をEUとしなければならないのに。

まさかの横並びぐだぐだ議席状態になって、英国民は何がしたいのか意味が分かりません。

まぁそれは日本の方が酷いか…。

カツカレーを食って叩かれる人もいれば、出会い系バーに行っても「彼は何もしていないんです」なんて必死になって擁護する始末。

最近の報道は見るに堪えません。

スポンサーリンク

英国株、買い時と見る!

話が妙な方へ逸れましたが、FXでポンド円は買っていません。

CFDではFTSE100を今年の3/22に一枚買っています。確か指数7442くらいで。

昨日までは指数変動による含み益が一万円くらいあったんですが、買値くらいに戻ってますね。

きっともう少し下げるんじゃないでしょうか。

購入する前から書いていますし、これはFXでも同じですが、レートによる含み益・含み損はあまり気にしません。

狙っているのは超長期保有のスワップ・配当投資ですからね。

昨日は丁度配当相当が入った日で、サイドバーにあるツイッターでも呟きましたが配当合計が8,191円になりました。

FTSE100を買ってから大体2カ月半位ですから、結構な数字です。

ちなみに2017年の年間配当予想はやや上がって3万円です。

舌の根も乾かぬうちに…

近々の投稿で、「英国選挙とFOMCの結果が無難に終わったらFTSE100を買い足そう」と書きました。

しかし想定外の議席減。

うーん、私の様な素人が先々を予想するだけ無駄ですが。

それでもしばらくうだうだ下げるのかな、なんて思っています。

ただ、そこは腐っても英国。ぐれーとぶりてんです。

それにFTSE100で対象となる代表企業は、既にトヨタのようなグローバル企業で、英国情勢をモロ被り、という訳でもないと思うんですよね。

そんな訳で、ここでの下げは絶好の買い時ではないかと考えました。

なーんだ、結局選挙結果に関わらず「買いありき」だったんじゃないか。

…と言われれば、そうですね(汗

だって利率やこれまでの指数推移を見ると、配当相当は魅力的なんですもん。

もちろん「これだけ」に傾倒するのは良くないと思うんですけどね。

できれば前回の買値7442よりも低いところで追加購入したいところです。

以下、赤枠はCFD口座開設のバナー広告と、「取引所CFD、店頭CFD」についての投稿記事です。
ご参考まで。

●取引所CFD(くりっく365株)ならこちらがお薦め(管理人使用中)
岡三オンライン証券 くりっく株365
※こちらから岡三オンライン証券に口座開設が可能です(無料)

●店頭CFDならこちらがお薦め(管理人使用中)
GMOクリック証券CFD
※こちらからGMOクリック証券に口座開設が可能です(無料)

※取引所CFD、店頭CFDって何?違いは?と思った方は「 海外株戦略の練り直し|株価指数CFDでFXから分散投資」の投稿記事をごらんください。

大体3・4日で口座開設できると思います。

私が口座開設した時の記事は「口座開設しました|海外株価指数への道」です。

海外株価指数CFDの投資検討をした時の記事(まとめ)は「海外株投資まとめ|株価指数CFDでFXから分散投資」です。

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

   

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)