来月から毎週配当モード復活です|海外株CFD

日本時間27日に発表されたFOMCは政策金利据え置きでしたね。大方の予想通りでしょうか。

さて、M2J社で投資している海外株CFD「FTSE100」の配当が昨日ありました。

1月と7月は配当が渋い月でして、二回しか配当日がありません。

そんな7月ももう終わりです。

8月はまた「毎週配当+α」になります。うぇーい。

スポンサーリンク

FTSE100の配当相当利益

昨日のついったーでも呟きましたが、渋月7月の二回目配当が入り、これで配当は合計9225円になりました。

私が初めてCFD海外株に手を出したのが今年の3月末、以来ずっとFTSE100を1枚だけ持っています。

あれからから約4ヶ月が経過しましたので、大体¥2500/月でしょうか。

以前「海外株投資まとめ|株価指数CFDでFXから分散投資」で投稿しましたが、私はリーマンショック級の暴落を心配してレバは2倍程度でホールドするつもりです。

この計算で年利8%を超えます。

円取引ができ、為替レートの影響を受けないので、FXの分散投資としていますが、単純に利率としても悪くない数字だと思います。

ちなみに評価損益は…

私がFTSE100を1枚購入した際の指数は7442でしたが、あれから7500~7300を行ったり来たりしているイメージです。

27日夕刻時点では7446です。レートとしてはプラマイゼロで、純粋に配当分だけ浮いている感じですね。

私はあくまで超長期の配当相当狙いですので、レートが落ち着いているのは良いことです。

もっとも、大きく下落したら追加で拾おうと考えているので、落ちてくれても大歓迎です。

基本的にFXと違い、ダウもFTSE100も、株(指数)は緩やかに右肩上がりだと考えているので、結構楽天的に考えています。

リーマンショック級を耐えられるようにしておけばまず大丈夫じゃないかと言うのが私の方針です。

いつ追加購入するべきか… それが問題だ

前期の通り、8月はまた配当相当日が多い月になってくるので、早めにもう1枚追加したいんですよね。

そうでなくとも、配当やスワップ狙いは早く始めて長く持つ程良いに決まっています。

資金は入金している分だけでも、あと1枚は余裕を持って購入できる状態です。

ただ……。

しつこいですが、どうも7・8月はうさんくさい。

株価が下落しそうな気配もあって。

配当権利を捨ててでも8月は追加購入を待つべきか。

上がるか下がるかなんて分からないのだから、さっさと購入して配当を受け取るべきか。

それが問題だ…。

以下、赤枠はCFD口座開設のバナー広告と、「取引所CFD、店頭CFD」についての投稿記事です。
ご参考まで。

●取引所CFD(くりっく365株)ならこちらがお薦め(管理人使用中)
岡三オンライン証券 くりっく株365
※こちらから岡三オンライン証券に口座開設が可能です(無料)

●店頭CFDならこちらがお薦め(管理人使用中)
GMOクリック証券CFD
※こちらからGMOクリック証券に口座開設が可能です(無料)

※取引所CFD、店頭CFDって何?違いは?と思った方は「 海外株戦略の練り直し|株価指数CFDでFXから分散投資」の投稿記事をごらんください。

これで終わりと思った?残念さやかちゃんでーす

何。

こうしてウダウダと数ヶ月を無駄にしたので、今回はもう少し考えてみました。

こういう時は迷わずリーマンショックで考える

リーマンショック(2008年9月)時の下落をチャートから振り返ります。

FTSE100は08年初めに指数6500程度ありました。

それが09年には最大3500程度まで下落しています。およそ3000です。

とは言え「リーマンショック級」は至る所で表現されるように、「そうそうないショック」ですから、私が常々心配している「17年の下落」が大きくてもこの半分以下。

つまり1000程度と考えてみます。

実際、直近10年ではリーマンショックを除いて1000~1500程度の下落幅に収まっていそうです。

うん、結構妥当な考えだと思えてきました。

指数が1000下げると仮定して

指数が1000下がると10万の評価損です。

一方、ここ4ヶ月の間、FTSE100を1枚保持していた結果は配当相当だけで約9000円です。

「たら、れば」の話になりますが、4ヶ月前と現在のレートがほとんど変化なしですから、当時1枚でなく2枚買っていれば、利益は配当が倍になった分18000円です。

なにより、指数が1000下がってもロスカットにはならないよう元々考慮して投資している訳ですから、やはり「この先下落するかも」と気にしてダラダラと待ち続けるのは下策な気がしてきました。

私の本分はデイトレでもスイングでもなく、配当(スワップ)投資です。

仮に指数1000程度下落したままでも、配当で40ヶ月も待てばほぼほぼトントンです。

「40ヶ月って長いじゃねーぇか!」と突っ込まれそうですが、仮にレートが下がろうが、上がろうが、そんなことは関係なく超長期で保持するつもりですからね。私は。

3年など微々たるものです。

また、実際にはレートが下落したまま、と言うことは過去のチャートからも考え辛いです。

40ヶ月、約3年の間にレートは上向いて改善、もしくは上昇している可能性も低くはありません。

『過去』はあくまで過去でしかありませんが、やはり直近10年で「3年連続下落」した過去はありません。

…と言うより、リーマンショックで1年強、それ以外では概ね半年~1年弱でレートは改善していますね。

よし。

8月中に一枚追加するぞ!

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

   

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)