米国株万歳!的風潮がやや気になる

FXスワップ&米国株インデックス積立&CFDサルトレ短期売買投資のH2です。

コロナ問題の希望的観測(報道)が出たのと、米国指標が思わず良かったことでしょうか。
エイヤッ!とチャートが切り替えしています。

先月、20年1月の株価指数CFDは短期売買の結果が10万ちょいの利益と好調でしたが。

今月、2月も6日目にして合計44,765円の利益と良い感じです。

先月末には15~20万程度だった評価損のポジが一気にはけました。
相手がダウインデックスですし、どれだけ下がろうが切るつもりは毛頭なかったですが、想像以上に早く利確できました。

…ブログやツイッターでは月に何十万、何百万と利益を出している方も沢山いますが。

私の場合、現在GMOクリック証券(CFD口座)の証拠金は500万程度です。
そんな自分からしたら、CFD短期売買だけで月に5~10万利益を出せれば御の字です。

もっとも、これがコンスタントに毎月達成できるか?と言うと、まぁ… 難しいでしょうねぇ…。

(昨年は7月くらいに本格的に短期売買始めて、総利益が40万くらいだったから、大体このレンジに入れるかな…?)

スポンサーリンク

米国株投資は勝ち組?

絶対一度は目にしたことのある、有名なヤツです。

強気相場は、悲観の中に生まれ
懐疑の中に育ち
楽観の中で成熟し
幸福感の中で消えていく

なんだか最近、本来の「サルトレ」ルールとは無視して、CFD口座のキャッシュ(余力)が残っている状態を。

もったいない!

早くポジション建てなきゃ!

と思っている自分に気付きました。

別口の積み立てNISAでは堅実にVTIとかコツコツ設定してありますが。

こちらも「先進国株や新興国株の部分を、QQQ相当のiFreeNEXT NASDAQ100に乗り換えようか… ゴクリ」

そう考えている自分がいます。

タイムリーなところで、愛読している米国株系のブロガー、ぽすとちゃんが煽りまくっているのを見てその思いが一層。

氏は「個別株や諸々の明なんてないからインデックス投資最強」と考えて実践されているようですが、最近一割程度をレバレッジ型に変えている模様。

時勢を見て変更を行うのは全然悪いことではないですが、このまま好調だと、この一割が二割に、二割が三割に…となるのがニンゲンだもの。

一方で、確かに暴落クルクルー!ってブログも本当に結構あって。

2018年頃からクルクル―と言って、暴落時期に仕込みますと待ち状態だった人は。
完全に乗り遅れてるじゃねーかオメー、ってな思いも。

あったり。

なかったり。

それに今が「楽観」や「幸福感」真っ最中なのか、本当のところ自分如きには分かりませんし。

まぁ、何はともあれ調子に乗らず、気をつけなきゃいけないな、自分、と。

そう思った次第です。
過度にビビらず、調子にのらず、ですね。

リーマンショックでは高い高い勉強代を払いましたからね。

…。

………。

で、iFreeNEXT NASDAQ100への乗り換えどうしよう(ニンゲンだもの

— — —
★利益81万突破!

NYダウ短期少額単純売買(命名「サルトレ」)の説明はこちらの投稿を参照してください。

【サルトレCFD】サルでもできるCFDトレードとは

— — —

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  
 
-----------------------------------

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

   

コメント

  1. あかいろ より:

    暴落は2015年頃からくるくるいわれてますよ
    つまり毎年のように言われてます

    1. H2 より:

      そうなんですね(笑)
      言い続けていればいつかは… 誰かは的中、ですかね。

      個人的には暴落(と言うより大型調整?)は来ないと不健全だと思っています。
      必ずいつかは来るもの、と思ってレバ管理に気を付けつつ、淡々とやります。

      …好調だと欲がでて、これが結構難しいんですけどね。。。

H2 にコメントする コメントをキャンセル

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)