【サルトレCFD】サルでもできるCFDトレードとは

FXスワップ&米国株インデックス積立&CFD短期売買(サルトレ)のH2です。

サルでもできるCFDトレード、略して『サルトレ』としてNYダウの短期売買を行っています。

どんな投資方法なのか、簡単に紹介したいと思います。

まずは実績

大事なのは利益が出ているかどうか。

2019年9月時点で54連勝を超え、CFDによる総利益は46万を突破しています。

2018年半ば頃から1ポジション0.3枚程度でちょろちょろと開始。

やって行くに連れて、「コレ、なかなか儲かるんじゃね?」と思い。

2019年中旬頃から真剣に店頭CFDで短期売買しています。

例えば直近の今月、先月はなかなかの好調でして…。

2019年8月は9.1万円。決済8回。

2019/08/01 +11,624円
2019/08/08 +11,154円
2019/08/13 +15,255円
2019/08/16 + 5,202円
2019/08/19 +11,964円
2019/08/22 +17,407円
2019/08/26 +13,125円
2019/08/29 + 6,036円

2019年9月は5.1万円。決済7回。

2019/09/11 + 2,367円
2019/09/12 +10,834円
2019/09/19 + 8,346円
2019/09/24 + 4,784円
2019/09/25 + 6,050円
2019/09/25 +11,397円
2019/09/30 + 7,447円

こんな感じです。

サルトレCFDの手法

サルトレCFDとはなんなのか、ここで紹介します。

なぜダウをCFD取引なのか

なぜダウなのか?

なぜ株価指数CFDなのか?

大前提として、以下の点があります。

  • 日経平均やFXはレンジや一方的な下落チャート
  • ダウは上下動を繰り返しながらも長期的に右肩上がり

百聞は一見に如かず。

dowjones_30years

上図はダウのここ30年を表すチャートです。

nikkei225_30years

上図は日経平均のここ30年を表すチャート。

ついでにもう1枚。
ダウ1970年代からのチャートが下図です。

dowjones_LongTerm

少なくとも過去を振り返れば、「ダウ」を買って置けば「いつかは儲かる」状態なんですね。

勿論未来は誰にも分かりません。

将来、2020年から日経平均が暴騰して、ダウが大暴落する可能性もゼロではありません。

ゼロでは、ね。

  • 米国は世界の覇権国家である
  • ダウは日経平均(東証)よりも運営が健全
  • 少なくとも数十年の過去はダウが信用できる

これらの理由から、

「どこでエントリーしても」

…つまり、素人が買っても!

「最悪持ち続けていれば」

…強制ロスカットされなければ!

「いつかは利益がでる」

すなわち、「適当に買って、ずっと持ってれば、いつかは利益が出る」この単純明快な考え方です。

サルトレCFD 詳細

とは言え(安く買って)高くなったら売る、は投資の基本です。

「じゃぁ、サルトレって具体的になんなのさ?」の疑問に、もう少し補足してみます。

  1. 店頭CFDを利用してNYダウを買います
  2. チャートは基本見ません。見ませんし、そもそも私は読めません
  3. ニュースやアナリストの意見も気にしないようにします(結構難しい)
  4. 保証金の額やレバレッジは自分の許す範囲で決定し、ルール化しておきます
  5. 許容レバレッジの範囲内で構築可能な枚数を4・5ポジションで分割し、一回の購入量とします
  6. 最高値を元に計算した複数レートにそれぞれ買い指値しておきます
  7. 約定したら所定の利益が発生するレートに売り指値しておきます
  8. 許容範囲限界までポジションが膨らんだら、ひたすらホールドして待ちます

これだけです。

上のように書くとゴチャゴチャと長いですが。

要は、「レバレッジをしっかり守った範囲で、購入可能上限に見合ったポジションを分割してナンピン買いし、適当な利益が乗ったら売る」だけです。

チャートだの、テクニカルだの、ファンダメンタルズだの。

そんなものは一切無視。

センスや技術的な部分が無いので、やろうと思えば誰でもできるやり方です。

だから「サルトレ」

私のサルトレ・ルール

私のサルトレルールを具体的に書いてみます。

レバレッジは2倍程度を許容範囲としています。
これはダウの歴史から、2倍程度なら安全と自己判断しています。

自己資金量に対して、2倍程度ですので、私の場合は0.5枚×4ポジションと0.3枚×2ポジションの2.6枚を購入上限としています。

一回の売買利益は5,000円~10,000円程度を目標としています。

そして、2019年9月現在ではダウの最高値である「27,300」を元に、予め購入レートを計算しておきます。

ポジション 買い指値 枚数
1ポジ目 27,136 0.5枚
2ポジ目 26,972 0.5枚
3ポジ目 26,727 0.5枚
4ポジ目 26,208 0.5枚
5ポジ目 24,297 0.3枚
6ポジ目 21,294 0.3枚

ちなみにこの計算は過去の短期売買(サルトレ創成期)の感覚から算出した、適当な値です。

このレートをベースに、売り約定すれば対象ポジションに何度でも買い指値します。

ダウの最高値が更新されたら、また計算しなおします。

※今後随時調整していくつもりです

サルトレCFDデメリット

さて、この誰でも簡単に真似できる投資方法ですが。

当然思いつくデメリットもあります。

それは冒頭でも記載した「NYダウは長期的に上下動を繰り返しながら右肩上がりになる」ことを前提としていることです。

「買ったら利益が乗るまで持つ」

「複数レートで分散して買う」

このシンプル過ぎる手法故、大前提が崩れて「長期下げ」が発生したら塩漬け期間が続きます。

ただ、これはもうトレードオフだと思っています。

どんな投資対象でも「調整期間」は定期的に訪れる筈で、いつかは調整(下げ)に出くわします。

むしろ調整が発生しない対象は不健全で、いつか問題が起きるのでは。

それに、トルコリラのようにいつ戻すかもわからない右肩下がりチャートとは明確に異なり。

ダウの下げは仮に大きくとも、過去の実績から数年で戻すと信じています。

逆にこれが信じられないのならば、サルトレはできません。

…もっとも、永遠に右肩上がりを続けて、調整も発生しないような投資対象が(詐欺以外で)あるなら、聞いてみたいものですが。

サルトレCFDデメリット その2

そもそも、「ダウが長期的に右肩上がりなら、一度買ったらずっと持っていれば良いのでは?」

ズバリ!その通りだと私は思っています。

だったら「サルトレ」のようにちょこちょこ短期売買するのは無駄では?

そんな考えも、半分正解なのです。

私は税制優遇制度、「積み立てニーサ」や「ジュニアニーサ」を使用して、ダウやS&P500にコツコツ積み立て投資しています。

ただ、これは一度設定したら入金するだけで放置の投資です。

つまらない。

物凄くつまらない。

それに、時間もかかります。

そんな中、サテライト的に始めたのがこの「CFD取引」なのです。

時間をかけてより堅実に考えるなら、私は(サルトレもせず)インデックス投資にコツコツ積み立てるのが一番いいと思います。

サルトレCFD 補足

CFDとは?

広義ではFXも含む、差金決済取引のことです。

…って難しい御託はヤメて。

要は、「自己資金以上にレバレッジを掛けて取引できる投資」です。

対象は「商品、通貨、株価指数」など様々ですが。

私は「NYダウ(株価指数)」を売買しています。

ダウ(指数)を買って、その後ダウが上昇すれば儲け(含み益)。

下がれば損失(含み損)です。

レバレッジが掛けられると言うことは、含み損が拡大した場合、「強制ロスカット(反対売買)」もあります。

そのため、自己資金に見合った範囲での取引が絶対です。
ギャンブルはいけません。

実際に取引するには、「株式」や「FX」のように、CFD取引を扱う会社に口座を開く必要があります。

「CFD」には大別して2種の会社があります。

「取引所取引(=くりっく株365)」を扱う会社。

「店頭取引」を扱う会社。

どちらも一長一短なところがありますが、「サルトレ」をするなら(短期売買するなら)「店頭取引」を扱う会社です。

私はTVCMでもお馴染みのGMOクリック証券を使っています。

GMOクリック証券CFD

上図画像をクリックしてGMOクリック証券の紹介ページに移動できます。
もちろん口座開設は無料です。

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 
 
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ  
-----------------------------------

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

   

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)