FXスワップ&米国株インデックス積立&CFDサルトレ短期売買投資のH2です。

2020年3月後半。

現在はコロナ問題で世界的に株価下落が発生していますが。

こんな中で、取引所取引、いわゆる「くりっく株365」による株価指数CFDで、また一方的なルール改悪がされるようです。

思えばこのブログでは、過去にも「ルール改悪」が発生したら投稿してきました。

FTSE100配当投資はおすすめできない

金利計算変更で支払いが発生|海外株CFDで分散投資

※こちらは2017年に改悪された「金利計算」の変更です。

ダウ投資し、配当を受けていた人は金利により「支払い」が発生する逆転現象になりました。
当然配当狙いで人気のFTSE100に投資していた人も、受け取り配当は減ることに。

そして、2020年9月からは、更なる改悪ルールが適用されます。

FT100による配当戦略がオワコン化 【くりっく株365ルール改悪第二弾】

※こちらは2020年~2022年に移行していくルールで、「構築したポジションが一年強で強制決済される」変更です。

今回、コロナ問題による変動幅の拡大を受けて、「ポジションに必要な保証金の増額」が通知されました。

変更は以下の通り。

商 品 名 変 更 前 変更後(3/23以降)
日経225証拠金取引 57,570円 87,770円
NYダウ証拠金取引 76,170円 119,310円
DAXR証拠金取引 34,880円 52,100円
FTSE100証拠金取引 26,000円 31,480円

結構な増額ですよ。

そして、何が酷いかって。

3/27以降に構築したポジションだけでなく、それ以前からホールド中のポジションにも適用されるということです。

コロナショックで維持率がギリギリになって、なんとか追加入金して凌いでいる人や。

キャッシュが底をつき、「〇〇円を切らないでくれ…!」と祈っている人も少なくない気がします。

そんな中で。

「変動幅大きいから、保証金増額な」

「昔から持ってるポジションも対象だからな」

「保証金増額で、その分維持率低下するからな」

「結果、強制ロスカットされんなよ」

「まぁ、カットされても知らんけど」

…とのお達しです。

_人人人人人人人人人人_
>           <
> 正に鬼畜の所業!! <
>           <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

保証金増額にしても、3/27以降構築分に限定しろよ…。

なんだよその後だしジャンケン…。

スポンサーリンク

くりっく株365は一方的にルールをドンドン改悪する。長期配当戦略なんて成り立たないよね?

これが理由の全てです。

これだけ改悪されてきたのだから、今後も改悪される可能性だってあります。

長期的な展望なんて成り立ちませんな。

取引所取引(くりっく株365)を利用した「FTSE100で配当投資」とか、未だにCFDの中では人気があるように感じるけど。

正直何が良いのかさっぱり分からん。

いや。

私も2017~2018年頃には取引所取引を利用してFTSE100に配当狙いで投資していたユーザなんですよ。

当時、リアルタイムでブログに投稿しています。

海外株への投資で配当狙い|FXからの分散投資

ルールが改悪される前は、よかったんですけどねぇ。。

私は金利計算ルールの改悪後、早々に取引所取引によるCFD投資は手を引きました。

やりようによっては、とか。

まぁ考えは人それぞれですが。

こんなのに手を出すなら、高配当ETFとかの方が。

余程おススメだと思います。

……。

…………。

ちなみにこのブログが取引所取引をエライ勢いで叩いているのは。

改悪前の条件に魅力を感じ、実際に投資していた人間だからこそ、です。

愛ですよ。

愛。

— — —
★利益88万突破!
…でも損切り70万!

注)GMOクリック証券は取引所取引(くりっく株365)ではなく、店頭取引です

GMOクリック証券CFD
— — —

-----------------------------------
私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  
 
-----------------------------------

スポンサーリンク